※家を建てる方!購入から入居後まで!!

住宅を取得するには、土地代や建築代以外にもいろいろな費用がかかります。
住宅購入の流れや、必要な費用を理解して、いざ購入というときに資金が足りないということがないように、
しっかり準備しておきたいですね。

※まずは予算組み(概算資金計画)
住宅の建築を決めたら、まずは予算を決定します。土地と住宅建築の予算を合わせた予算を組みますが、
土地代と建築費用以外にも、登記や引っ越し代などさまざまな費用がかかりますので、
それらを考慮してゆとりのある予算組みをすることが大切です。

※土地購入から入居までにかかる必要費用一覧

土地購入にかかる費用
・仲介手数料
土地を探してくれた不動産会社に支払う手数料です。
土地の代金が400万円以上の場合は、「売買価格×3%+6万円+消費税」が上限とされています。
ちなみに、売買価格が200万円以下の場合は売買価格の5%、売買価格が201〜400万円までの場合は
「売買価格×4%+2万円」が上限です。

住宅ローンを組むときにかかる費用
・事務手数料
金融機関によって異なりますが、2万~10万円程度が一般的です。
・団体信用生命保険料
銀行の住宅ローンの場合は銀行側で負担してくれることが多いです。
・火災保険料
火災保険の加入を融資の条件にしている金融機関が多いので、ほとんどの人が加入しています。
住宅の登記にかかる費用
・建物の所有権保存登記と土地の所有権移転登記
不動産の登記の変更には、法務局での手続きが必須となり、費用が発生します。
・抵当権設定登記
住宅ローンを利用する場合に必要です。
・司法書士報酬
司法書士によって金額が異なります。
・印紙税(土地・建物契約書/融資金銭消費貸借契約等)

引っ越し費用
新居に引っ越す際の引っ越し費用です。

入居後にかかる費用
・不動産取得税
不動産取得税は、住宅の購入後1度だけ納税する税金です。
・固定資産税/都市計画税
決められた金額の税金を毎年支払います。

調達資金
・自己資金(預金/援助等)
・借入金(住宅ローン/社内融資/公的融資/財形融資等)

※必要資金と調達資金のバランスがとれたらOKです!!


※予算が決まったら土地を探す
予算が決まったら土地探しを始めます。購入したい土地が決まったら、購入する不動産仲介業者や建築業者に、
住宅建築の費用についても合わせて相談することで、無理のない資金繰りが可能となります。

※土地を購入したら住宅のプランニングに入る

建築業者を決めて住宅のプランニングに入ります。
プランを決める際にも、住宅展示場などに足を運び、
予算と住宅建築のバランスが取れる建築業者を選ぶのがベストです。

※いざ着工、トータルでかかる期間は?
費用や住宅プランに納得できたら契約を交わし、着工に入ります。
基礎工事から各種工事を行い、住宅が完成したら引き渡しをして入居するという流れです。
住宅の建築を決めてから土地の購入までに約3ヶ月ほど要します。
住宅の具体的なプランニングから着工、引き渡しまでの期間は時期などによって異なりますが、
平均で5ヶ月ほどかかることが多いようです。

※完成・ご入居

建物・外構等が完了し建築業者から引き渡しをうけたら、よいよご入居です!
転居の届(ライフライン含む)等お手続きも忘れずに!!