不動産の売却方法について

お手元の不動産の売却方法については大きく2通りに分けられます。
ひとつめは「仲介」という形で不動産業者に依頼して販売する方法です。
もうひとつは「買取」という形で不動産業者に買い取ってもらう方法です。
ふたつの違いは簡単にいうと時間がかかるかかからないかという事です。
仲介で販売する場合は広告宣伝して幅広くまわりの方に認知してもらい、買ってもらえる人を探す方法で買取の場合は業者が買い取るので、価格が折り合えばすぐ売却という形になります。
 
ふたつの方法の違いはこれでおわかりになったと思いますが、では実際に「どちらを選べばいいか?」という事ですがどちらの方法にもメリット・デメリットがあります。仲介のメリットは何と言っても売値が買取より高く売れるという事です。不動産業者の買取の場合は
どうしても買取した物件を再販しないといけないので相場より安く購入しないといけないからです。仲介のデメリットは時間がかかること、売却する事が周りに周知されること、
などがあります。どちらの方法を選ぶにしろ、その時々で不動産を売却しないといけない
原因を理解し、決めることが重要だと思います。普通の方々は不動産の売却などはそんなに
数多く経験されている人は少なく、どうしたらいいか迷われる人が多いと思います。
 
弊社はお客様のご要望やお気持ちをお聞きして、解りやすい説明を心掛け丁寧に対応する事を第一としています。まずは気持ちを落ち着いてお問合せ頂ければと思います。
もちろん相談料などかかりませんし、お客様が納得される方法を一緒に考えていければと
思います。お気軽にお問合せ下さい。

売却査定依頼